2011年06月21日

角だせ槍だせ頭だせ…[Team-F1]425

梅雨時だから童謡[かたつむり]の歌詞を題名にしたというわけではなく。

そんなに多くはないのですが、撮影現場で監督やディレクターから「ちょうどいいや。そこのフードスタイリストの○○ちゃん、そっちのエプロンつけてみて。全身、映ってもらうから」と言われることがあります。これはさすがにお断りしています。F1スタッフはモデルとして起用され赴いたわけではないし、そのギャラもいただいてませんから。ビジネスなんですからモデルが必要ならハナからその手配をすべきですし、F1スタッフの顔出しが希望だったのなら当初からご相談いただければ良いことです。「手近で済ませば予算もかからないし」という心根が見えて好きではありません。少なくとも本人に言う前に「この場面はどうしても女性の調理シーンがあるのが好ましいなあ。う〜ん想定してなくて申し訳ないけど、F1スタッフさんの出演について検討いただけませんか?」と、マネージャーの私に窺いをたてるのが筋だろうと思います。責任者の私としては、彼らの肖像権や個人情報を守る責任があるのです。

ただ「なにがなんでも画面内には写らないぞ」ということではありません。「ここは単に出来上がった料理があるだけじゃ静的すぎる。悪いけど調理している感じで手元を写しても良いですか?」というご依頼には、なるべくお応えしています。包丁シーンやキッチンでの人影など、より良い料理写真になることに協力は惜しみません。本人達の肖像権にも影響しませんし。
手タレ

<顔出し>がOKの場合もあります。それはF1スタッフの考案レシピを掲載するので「その作者として名前(または顔出しも)を掲載したい」と言うケースです。またフードスタイリストとして売り出せる機会をいただけるなら、もちろんOK。当然、特集ページとなり名前も前面に出していただけるでしょうし、プロフィールの紹介もあるものと思います。その時は「名前だせ顔だせ売りだせ」です(笑)。

2011.06.21 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
posted by F1 at 09:00| フードスタイリスト