2011年06月03日

展示会も活気が…[Team-F1]413

「4月初旬の<ファベックス2011>に展示する画像が欲しいから大至急、撮影を」と突然に依頼されたのが3月頭。初のお取引先、デザインもない、コンセプトも決まっていない。わかっているのは「600x900サイズ程のタペストリーをつくりたい」と「大体5〜6点欲しい」だけ。

急ぎ担当スタッフのYSと訪問したのが3月8日(火)。名刺交換をして「さて何をどう撮りましょう」と打合せを始め、今回の出展趣旨に沿ってカタログから6商品と「急のため平日は難しいので撮影は13日の日曜日に」と決めて帰社。

カメラプランを考えている間、3月11日(金)に定期の通販誌撮影を新宿・曙橋の地下スタジオで行っていたら東日本大地震が発生。この日のことは別記したか或いは今後にお話しするとして、ともかく翌々13日(日)には約束の撮影があります。「15日〜16日には画像をいただかないと間に合わない」と聞いていたので余震が続く中、届いた商品をチェック、選り分け、撮影準備をすすめます。当日が日曜日のため「休みなんです」と言うクライアントの立会もなく、スタイリストYSとカメラマンと私の3人で撮影を強行しました。さらに急ぎで色調やコントラストの基本調整を終わらせた画像類をクライアントにサーバアップで納品。数日後「どうですか?うまくデザインにはまりましたか?」とお聞きしたら「それが、震災の影響で展示会そのものが延期に」とのこと。あの頃の状況ではありえる話しですが、急いで撮影しただけに「ガクッ」と腰が揺れ床に崩れ落ちて…はオーバーですが拍子抜けしたのは間違いありません(苦笑)。

その延期となった<ファベックス2011>が、06/01〜06/03までの3日間、幕張メッセで開催されたので昨日、行ってきたのです。
ファベックス2011

行ってはきたのですが、なんか全体に賑わってないような印象を持ちました。展示会場はまだしも、上層の廊下はシ〜ンとしたなんとも重く暗い雰囲気。上記クライアント社の社長も「なんか今年はダメだねえ。反応もいまいちだし第一、来場者が少ないんだよ」と嘆いていました。来る人が少ないんじゃ、うまく撮った写真とカッコ良くデザインされたタペストリーも効果を発揮できません(涙)。

会場を後にして駅前の喫茶店でお茶をいただいていたら、雀が「餌くれ、餌くれ」とすぐ傍まで飛んできます。私の手の数センチの近さまで怯える様子もなく寄ってきてはパクパクと。いいなあ、被災地の子供達の屈託無い笑顔や希望に満ちた瞳に大人達が勇気づけられるように、この雀の図太い根性にも少し元気をもらった気がします。
幕張の雀02

2011.06.03 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
posted by F1 at 14:19| フードスタイリスト