2011年05月01日

持ち上げスタイリング…[Team-F1]388

撮影は3月の頭でしたが、通販誌が発行・配布されるのは5月。だから5月から6月にかけての旬の食材が撮影対象となります。生産月が異なっても産地が用意してくれるのなら、なんの苦労もないのですが大抵は「まだ生産していません。そちらでなんとかしてください」となることが多いのが通常かも知れません。でもニッポンは広いし、最悪海外から取り寄せることだって可能です。ニッポンの逆半球は季節が逆ですから、なんとかなるものです。

これは梨の撮影をした時のシーン。当初の撮影プランでは「現地産の本物ではないからドアップは避けて、氷の上に数個並べた清涼感訴求で」だったのに、直前にクライアントから「いや、やっぱり桃はカットした際の瑞々しさでしょうが。変更してください」と。

それで急遽、持ち上げシーンになったのですが、人の手で持ち上げていては「寄りの写真」だと手の震えが出る場合があります。そこで当日は固定具でしっかりとおさえての撮影。手前の持ち上げるカット桃の大きさと、後方のホール状の桃群との大きさのバランス、そしてフォーカスのバランスが大事。さらに照明の差違をつけることでの主役と脇役にメリハリをつけるのも大事。カメラマンさんによっては、これらのバランスに個々の好みが出ることもありますので、ここは「もっとレンズを広角に変えて手前を強調して」などと細かい修正をお願いすることもあります。

2011.05.01 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
梨の持ち上げ
posted by F1 at 22:33| フードスタイリスト