2011年01月16日

ディープな郷土料理?… [Team-F1]370

私の好きな沖縄料理のひとつに[スクガラス]があります。

いや厳密にはスクガラスというのは小魚の塩漬けのことであり食材。沖縄の固めの豆腐にスクガラスを乗せたのが料理となり、正確には[スクガラス豆腐乗せ]と呼ぶのかも知れません。

[スク]は魚のアイゴのことだそうで、[ガラス]は割れるガラスではないし瓶に入っているからでもなくて塩漬けという意味だそう。このスクの採れるのは1年のうちで2〜3日くらいしかないそうですから、相当に珍しい食材ですね。しかも塩漬け瓶詰めにして、数ヶ月から1年も発酵させるらしいので、さらに貴重品です。

そんな希少な食材ですが案外に知られていませんし、よっほどの沖縄通でもこの料理を注文する人は多くありません。なぜかと言うと、翌日の血圧上昇を約束できるくらいに非常にショッパイことと、口に入れた途端に小魚の骨が刺しまくるからです。私と同行した人に「さっ、美味しいから食べてみて」と勧めると、「へぇどんな味がするんですか?」と呟きながら頬張った瞬間に「あっ痛、つつつつ痛〜イタタタタ!」と大騒ぎ。くっくっくっ、この想像通りのリアクションに意地悪な私はひとりほくそ笑んで、泡盛をクイッといただきます(笑)。

2011.01.05 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクガラス…Vol.374
posted by F1 at 14:52| 日記