2010年05月18日

撮影後の食材の行方… [Team-F1]342

私達の仕事には常に「食品」が存在します。撮影時にはもちろん、試食やレシピ考案時にも対象食品が依頼者から届いたり購入したりと。フードスタイリスト養成スクールでも、この食材は必須になります。たま〜にダミーを使用する場合もありますけど。

撮影が終わるとこれらの食材。依頼社やクライアントが持ち帰ることもありますが、大抵は「すみませんが処分してもらえませんか」となります。そういう時はカメラマンさんも含め全スタッフで分けることになりますので、帰宅すると家族から「んまあ!有り難いわねえ」と大喜びされることになります。特に野菜不足の昨今、高級野菜類を持ち帰れるなんて「この職業を選んで良かったわん」と心が満足感に満たされるのです←ちょっとオーバーですね(笑)。

先日のスクールでホタテ貝をスタイリングの素材に選んだMMちゃん。単なる物取り(商品撮り)のはずだったんですけど、貝があまりにも見事だったので、氷を敷き詰めて撮るという別なバリエーションにも挑戦していました。ご想像通り受講後はスタッフも含めた全員で、この美味しいホタテ貝を酒の肴でいただきました。はいごちそうさまでした。

2010.05.18 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
100518-L2受講風景
posted by F1 at 11:05| フードスタイリスト