2011年07月08日

お中元会場…[Team-F1]439

昨日、新宿のデパートに「日頃お世話になっている方々へ贈る」お中元の品を買いにいきました。

「デパートから贈るのが恒例なのか」と聞かれれば、「いや大抵はネットショップで探して贈ります」の答えになりますでしょうか。苦手なんですよね、あの喧噪が。そして散々待たされた挙げ句、遅々として進まない手続き段階が。「世界でここにしかない商品がある」とか「定価より25%も安い」とか「ビールと衣料とフルーツの同時発送でも同梱して送料は均一&明日着」などのメリットがあるなら、上記の問題点も気にしないのですが。

昔に比べ狭くなった中元会場に並んでいる商品は事務所近くのコンビニでも売っているものばかり。価格は定価。「こっちは肉陳列だがあっちにも肉があり、ここの菓子セットと離れたそっちのスイーツ詰め合わせの違いはなに」というワケワカなMD(商品政策)。しつこく試食を勧めるマネキンさん達。「十年一昔」というけれど数十年間、変わらないこの販売パターン。せいぜいコンピュータが導入されたことが進歩なのかな。

選択した商品カードを手にして今度は番号が書かれた札を機械から出して席で待ち、10数分して呼ばれたらまた中の席で数分待ち。お年寄りが多いとは言え、みなさん本当に忍耐強いですね。あっ、今日は「私も」です。
中元会場01

そしてまた呼ばれたら、やっと受付カウンターで送付先情報の手続きに入れます。でも使用しているPC端末やソフトが古すぎて入力が思うようになりません。変換しても該当地名が出てこない、前宛先をコピーできないなど現在のPC能力からは考えられない状態で、さすがに目の前のご担当者に同情してしまいました(苦笑)。
中元会場02

いや、いまのデパート業界の経営状況や運営能力ではこれ以上のことを望めないのは理解しています。しかし、この会場にいるお客様=ご高齢のお客様方が他界されたら、「デパートも一緒に他界するんだろうな」と思った次第です。

スタッフTF
「そんな悪口言っているとデパートから仕事きませんよ」

「問題点を指摘する相手には発注しないという体質自体が今日の衰退を招いているんだよ」
スタッフTF
「うちは繁栄してるんでしたっけ?」

「昨日、今日の短日的な結果を云々する発想が・・・」

2011.07.08 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
posted by F1 at 10:53| 日記