2011年06月13日

再現ドラマ完成ならず…[Team-F1]418

スタッフTFとKMがステーキレストランにランチしに行った時のこと。

「年配だけどいかにもその筋みたいな男と、かなり大柄な男性の2人が洋食ランチを食べてたんです。食べ終わる頃、その初老の男性が2つ先のテーブル席のサラリーマンらしき男性達に突然、大声で文句を言い始めたんです。声が大きいとか、うるさすぎて食事がまずくなったとか、お前達はご飯時にそんなぺちゃくちゃ食べろと教わったのかとか。もうそれが店中に響いて一番うるさいんですが、サラリーマン達も急に怒鳴られたので何がなんだかわからないままとにかく平謝り。そこに店長がやってきて、他のお客様に迷惑なので静かにして欲しいと言ったから、今度は怒りの矛先を店側に変更しだしたんです。気持ちよく食事が出来ないのは店が悪いとか、もっと客を大事にしろとか。そして大柄男も食べ終わって参戦してきたので、店長も途中までは静かにしてもらうだけのつもりだったのに、強力なクレームをぶつけられてタジタジ。そしてすみません、すみませんの連呼。私たちが先に出てきたので、その後どうなったのか分かりませんが、もめるテーブルの間の席だったので、もう怖くって怖くって。きっと食事代をタダにさせようという魂胆で仕掛けたんですよ。でもたった880円の値段なのに情けないです。その大柄の男が注文時、このビール煮って酔ったりしない?車を運転するんだけど、なんて可愛い質問していたのを覚えてます。ウェイトレスさんも、いいえビールと言っても煮詰めるのでアルコールはほとんど飛びますから大丈夫ですと答えていました。大きななりしてビール煮のアルコールを心配するなんて笑っちゃいます」

さきほど、そのレストランにTFと行きました。ランチ時で、なおかつちょうどその事件日の一週間後の月曜日。日替わりメニューはあの[牛肉のビール煮]。本当はチキンステーキを食べたくて入ったんですが、TFが「あの時のウェイトレスさんだわ」と言うので急遽、牛肉のビール煮を注文し「これ食べても酔いませんか?運転するんですけど」「はい大丈夫です。ビールと言っても煮詰めるのでアルコールはほとんど飛んでしまいます」との期待通りのお答えが返ってきました。しかし隣の隣の客を見るも母親とOL風の娘の2人客であって、お喋りなサラリーマン男性客ではありません。さらに店内を見渡すも本日は店長がいない様子。残念です、前回のドラマを再現出来ませんでした。
牛肉のビール煮

それならチキンステーキにすれば良かったな。

2011.06.12 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
フォルクスの洋食ランチ
posted by F1 at 16:00| フードスタイリスト