2011年06月09日

夏のすき焼き撮影…[Team-F1]416

明後日の[F1-フードスタイリスト養成スクール]の授業は<シズル・INGの技術/泡/鍋もの=グツグツ,焼き物=ジュージュー>で[すき焼き]なのだとか。私としては「何もこんな暑い季節に、そんな汗の出るようなテーマにしなくても良いのに」と思うんですが(笑)。

焼肉やすき焼きの撮影は数えきれないくらいやってます。正直なところ「○○肉」が「△△肉」に変わったとしても、依頼者から望まれることは「とにかく高級感を出して。そうそうシズルもよろしく」と内容は同じです。そのたびに鍋を変えたり、背景を工夫したり、持ち上げたり、湯気を過剰演出してみたり・・・と知恵を絞ってご期待にお応えしています。
ダイリキ撮影風景

生徒から送られてきたラフを見ても、まあシーン設定は当然似たものです。「すき焼きって、この瞬間が食べた〜いと思いますもんね」と誰もが同じ感覚を持ってますから、無理に玉子を割るシーンをメインにする必要はありません(笑)。
110611授業-撮影ラフ

肉を持ち上げようと持ち上げまいと、撮る肉の表情で大事なのは「赤味の残っている部分と、既に火の通った部分のバランス具合が一番美味しさを感じさせる」です。
旬穀旬菜=すき焼き

暑い日の[すき焼き撮影]は嫌でも、真夏だろうと「エアコンがビンビン効いた部屋でビール飲みながら、すき焼き食べた〜い」…これも全員が「同感」ではないでしょうか。だから明後日の授業後は絶対にビール片手に「みんなですき焼きパーティ」になるでしょうね(苦笑)。

2011.06.09 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
posted by F1 at 18:26| フードスタイリスト