2011年05月17日

飲食店内での撮影風景…[Team-F1]400

以下画像は、その本所吾妻橋[割烹 冨久井]さんでのメニュー撮影風景。

ご依頼されてこられる飲食店様の中には「テーブルひとつかふたつあれば撮影場所として充分だろう」と思われている方もいますが、なかなか(笑)。今回は丼メニュー10品前後のみの撮影でしたので掲載画像のスペースで充分でしたが、20〜30数カットとなるともう少し広いと撮影も楽になり無駄な時間がかかりません。

写真ではスタイリストもアシストもカメラマンも全員がマスクしていますが、別にF1のスタイルということではありません。グラスなどへの写り込みを防ぐための[黒づくめ服]というのは我々の基本スタイルですが、マスク姿はたまたま季節的なものです。
冨久井の撮影風景-110210

朝10時からスタートした撮影の途中でランチタイム。「いえ私たちは他所で食事してきますのでお気遣い無く」とまかないをお断りしたのですが、「そんな!うちは飲食店なんだから食べてくださいな」との有り難いお申し出をいただきました。2月の訪問から何度も打合せで足を運び、その度に撮影するメニューを確認するため対象メニューを試食させてもらってましたが、本当に美味しい。「刺身に自信があるのでご飯はあえて酢飯にしていません。それをごまだれで召し上がっていただきたくて」という鉄火丼は絶品です。いや、お客様だからゴマをすっているわけじゃありませんよ。私は悲しいかな昔から相手がお客様だろうとお殿様だろうと、お世辞や嘘が言えない質なんですから。
冨久井様でランチ


<余談>
ご主人によるとスカイツリー観光で訪れる通行人や、隅田川対岸の簡易宿泊所の客には外国人が増えてきたとか。そんな外国人が来店した時の面白い話。

店主「もういろんな国の人が来るが料理を選んでもらうのが大変」
 私「ふ〜ん、何か面白いことありましたか?」
店主「こないだも中近東の人らしき2人がやってきてカウンターへ」
 私「どんな和食を注文したんですか?」
店主「それが何十分もメニューを眺めていて」
 私「うんうん、さぞ説明も大変だったでしょうね」
店主「結局、プリーズ ミソ スープ ワンと」
 私「えっ?ミソスープって味噌汁?ひとつ?2人で?」
店主「そうなんです。2人で一杯の味噌汁を30分かけてすすって」
 私「くっくっくっ、難儀ですねえ」
店主「んもう、笑い事じゃないんだってば」

2011.05.17 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
posted by F1 at 09:00| フードスタイリスト