2011年05月16日

本所吾妻橋の冨久井…[Team-F1]399

友人のデザイナーから「知り合いの割烹店なんだけど、ちょっと相談にのって」と頼まれ、本所吾妻橋交差点にある[割烹 冨久井]様に伺ったのが今年の1月中旬。

大正10年頃から続く老舗の飲食店なんですが、スカイツリーの建設が始まって以来、通りを歩く観光客の数が増えてきたそうです。「せっかくだから、なんとかランチ時だけでも来店して欲しいんだけれど今のままだと入りにくいのかも。なんか来店促進策を考えて」との依頼。確かに現在のファサードでは店内が見えないから初めてだと入りづらいということもあるし、そもそも割烹と言われると「高そう」との先入観が先にたつのかも知れません。希望は店舗全体のリニューアルをするとか、割烹という業態を居酒屋などに業態変換したいというほどのレベルではなくリーズブルな予算の範囲内で、ということです。

メニューの中に「テレビにも取り上げられた名物のごまだれ鉄火丼がある」と聞いたので、「それをランチの目玉にして懸垂幕をつくりしょう。そして暖かくなる季節には夜間の観光客も増えるはずだから、電飾看板もつくりましょう」と提案。これなら料理撮影をして知り合いにデザインしてもらえば、懸垂幕と電飾看板と店内のランチメニューブックも同時につくれます。幕の製作は代理店を通さずに発注し、電飾看板も合羽橋が近いことからオーナー自ら購入にいけば予算がかなり抑えられるはず。
冨久井-懸垂幕
冨久井のスタンド・ラフ案

そう来店客を増やすには、店外での告知アピール!

店内のメニューブックを綺麗につくり直すのも重要ですが、その効果は既存の利用客の客単価を上げるとか、イメージアップで再来店を促すもの。今回は課題が来店促進なので店外での宣伝活動が主要。懸垂幕や看板以外にも駅貼りポスターとかチラシ配布、フリーペーパーへの広告掲載などの手法もありますが、目の前の通行人をキャッチしたいとなると、やはり店頭での販促ツール=アイキャッチツールが一番です。

その撮影風景は次のブログで紹介します。

2011.05.16 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
posted by F1 at 17:07| フードスタイリスト