2010年05月31日

器を楽しむ… [Team-F1]351

今年の初めに仙川駅近くにできた日本そばの店[石原]。駅から1〜2分の近さとは言え、繁華街とは逆の方向です。だから「流行らせるには高くなっても本格的な味、そしてさらに特徴を出さねば」と思ったのでしょうね。この店は一点づつ器が違うんです。だから前回と同じメニューを頼んでも「今日はどんな器で来るのかな」な楽しみがあります。陶器に興味があるお客様には嬉しいサービスだろうと思います。

ただ厨房の洗い場スタッフは大変でしょうね。食洗機にかけられない(多分)、重ねてしまえないなどの面倒さがありますから。まあ何百席もの大型店ではありませんから、食器のストックスペースもそんなに必要としないかも知れません。でもホテルなどになると、こんな食器はとても使えませんよね。人件費削減の折、食洗機の導入は避けて通れませんから「チップしない材質や形状」が必須ですし、収納スペースの関係で「重ねられる」ことが重要な要素となります。そんな大型店には真似できない「料理を様々な形や焼きの器で提供」できるなんて、中小の個人飲食店の強みですね。

2010.05.31 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
石はら(仙川)
posted by F1 at 11:00| 日記

2010年05月30日

濃い味、薄味… [Team-F1]350

健康に関心の高い人、料理に詳しい人はよくこう言います。

「体のために料理の味付けは薄味にしなさい」
「濃い味は塩分摂りすぎになるから体に悪い」

これって変ですよね。「変」というか正しい表現ではないと思います。塩分量って取り入れる分量なのであって、薄さ濃さではないはず。だから言うとしたら「味の濃い料理でも薄味でも摂りすぎると塩分摂取が多くなり体に悪い」かと。さらに言えば、「薄味だから塩分が低い」ということでもないはず。同じく「関西の料理は総じて薄味だから美味しくない」も妙です。関西は薄味でもしっかりとダシをとって調理されているので、濃い目の味付けの関東風とは違った意味で美味しいものは美味しいのです。

「味の濃い料理が悪いんじゃない。問題は量!」
「でもその濃い味付けを大量に食べたり飲んだりするじゃない」
「あら問題は私の胃袋だったのね!」

2010.05.30 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
塩分計
posted by F1 at 10:57| フードスタイリスト

2010年05月29日

琉球珍麺… [Team-F1]349

沖縄から届いた食料品の中に珍しいものが入っていました。[手延ゴーヤー麺]と[手延紅芋麺]。なるほど面白いですねえ。先日、やはり沖縄産という[黄金(くがに)麺]というのを通販誌のお仕事で撮影しましたが、当地ではいろんな食材を練り込んだ新麺が開発されているようです。紅芋はともかく、ゴーヤー麺は暑い夏に冷や麺でいただくと、けっこう美味いのではないでしょうか。ほんのりニガウリ独特の苦みがあれば清涼感が期待できますもの。

さて食べてみましょ。
う〜ん思っていた味と少し違うかな…???コシがあるというより、強い芯の残り方なのはきっと裏面の調理説明通りだと茹でが足りないのかも知れません。プラスあと1分くらいでしょうか。それよりもったいないのがゴーヤーや紅芋の風味が少ないこと。色は充分に演出できているのに、味に反映していません。これは私だけの感想かも知れませんが。

送っていただいた方にお聞きしたら「ね珍しいでしょう?こんな麺、沖縄の人達は誰も知らないさぁ。観光客相手の土産屋を覗いたらあったのさあ。もうすぐドラゴンフルーツ麺やら言うのが出るらしいから、そしたらまた送るさあ」とのこと(笑)。

もうこうなったら、なんでも麺にしてくださいな。サトウキビ麺、トウフヨウ麺、スクガラス麺、泡盛麺、シーサー麺、珊瑚麺、イカスミ麺、しぶい(冬瓜)麺、海ぶどう麺、パイナップル麺、ナーベラー(へちま)麺、ソーキそば麺・・・あっ、[ソーキそば]は元々が麺でしたっけ。

2010.05.29 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
琉球麺2種
posted by F1 at 16:32| フードスタイリスト

2010年05月28日

活躍するゴミ袋… [Team-F1]348

掲載画像はメニュー提案のための試作をスタッフKMが調理しているシーン。この作業自体に特別なことはありません。調理場は別なスタッフのYSが同じく試作作業をしているので、単にスタジオにガスコンロを持ち込んでフライパンを使用しているだけです。ただちょっと注目なのが壁に貼ったゴミ袋(笑)。スタジオの壁に油が跳ねてはいけないと気を遣い、テープで留めたのでしょう。45リットルサイズと見えるのが笑えます。

このゴミ袋。当然、生ゴミや不燃ゴミを回収車に収集してもらうための入れ物ですが、F1ではいろんな用途に使っています。上記の臨時の汚れ防止用に、或いは細かい小道具類の運搬収納用に、空気を入れ膨らませて野菜の形状を痛まないように運ぶために、水や氷を入れて簡易冷却容器として、撮影先のテーブルを痛めないための保護用テーブルクロスとして・・・等々。色温度が変わるのでお勧めできることではありませんが、照明や太陽光が強すぎるときには、減光するディフューズとしても活躍します。

2010.05.28 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
試作する加藤美奈
posted by F1 at 15:05| フードスタイリスト

2010年05月27日

雨の日の行列店… [Team-F1]347

打ち合わせで行った神保町。約束は13時なので「その前にランチしよう」とスタッフと讃岐うどんの[丸香]へ。ここはネットで「神保町、グルメ」で検索したら出てきたお店です。もちろん行ったことないので味はわかりませんが、トップに出てきたということは、そんなにまずい店ではないだろうと(苦笑)。

この日はちょうど雨。予想通りに行列が出来ていますが、道路沿いにあるため雨の中を待つことに。お客様は暗に相違してサラリーマンではなく、近所の大学生が占めています。安さと手軽さが若い人に受けているのでしょうね。お味はですね。私は肉うどんに間違えて胡椒を振りかけてしまったため、最後まで妙な風味でいただいたものですから、評価は次回にということで。

■丸香(神保町)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000629/

2010.05.27 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
丸香(神保町)
posted by F1 at 10:02| 日記

2010年05月26日

キューピー工場見学… [Team-F1]346

京王線の仙川駅にあるキューピー工場。ここの見学が人気です。夏休みなんて希望者が多過ぎて予約さえ、ままなりません。年間で2万人(4万人?)もいるんだとか。目玉は一分間に卵を600個も割る行程を見られるのが大人気です。創業が1951年といいますから、もうすぐ60年。その60年前からトイレが水洗だったというのは驚きです。そんな仙川工場ですが来年の3月には閉鎖されてしまうのだとか。「おっとっと、地元だからいつでも行けるなんてのんびりしていたらやばい。早く行かなきゃ」と先日、F1スタッフやスクール生達と見学に行ってきました。

*見学者にはこんなプレートが渡されます。これは最後に<お土産引換券>になります。
http://fst-f1.sakura.ne.jp/sblo_files/fst-f1/image/100522-A5ADA5E5A1BCA5D4A1BCB9A9BEECB8ABB3D801.jpg

*敷地内の横断歩道にはキューピーの足跡が(笑)。
http://fst-f1.sakura.ne.jp/sblo_files/fst-f1/image/100522-A5ADA5E5A1BCA5D4A1BCB9A9BEECB8ABB3D802.jpg

*製品が並べられている中にもキューピー人形がたくさん飾られています。
http://fst-f1.sakura.ne.jp/sblo_files/fst-f1/image/100522-A5ADA5E5A1BCA5D4A1BCB9A9BEECB8ABB3D803.jpg

無料で見学して、さらに試食などもいただけるのですからお得な社会勉強です。そして面白いのはキューピーグッズが売られていること。人形から、ノート、ボールペンに、ファイルに…となんでもキューピーのキャラクターものばかり。中にはビニール傘なんかもあるんですよ。私もついストラップを買ってしまいました。首都圏の皆さん、見学お勧めです。

*そして掲載画像が嬉しい嬉しいお土産の中身!

2010.05.26 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
100522-キューピー土産
posted by F1 at 13:28| フードスタイリスト

2010年05月23日

アニメ・美味しんぼ… [Team-F1]345

You Tubeのアニメ[美味しんぼ]にちょっとはまってます(笑)。確か枝豆についてネット検索をしてたらたまたま見つけたんです。むかし漫画本で読んでいた頃があり,その懐かしさもあってつい…だったかと。単に懐かしいと言うだけでなく,大げさな親子対決や素朴なラブストーリーが絡み合ってて面白いし,食材や料理について改めてためになることもあります。

アップされているのは全136話。1話が約20分前後なのですべてを見るには50時間くらいかかる計算。寝ずに見るとしても丸々2日かかる(そんな人はいない!)。1日に1話視聴だと5ヶ月弱(だからそんなに必死にならないでってば)。

劇中に出てくる陶芸家で美食家の海原雄山はヒール(悪役)の設定。ことあるごとに主人公を苛めているようでいて,実は厳しい中にも深い息子への愛情を感じさせます。でもまさかこの漫画を読んで「なんて非道い父親なんだろう。士郎がかわいそすぎる」なんて思った人はいませんよね(笑)。

<美味しんぼ85話 「下町の温もり」1of3>
http://www.youtube.com/watch?v=SAieOkjbQTM
※違法アップなのか、若いナンバーからどんどん見られなくなってます。

2010.05.23 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
美味しんぼ
posted by F1 at 14:12| フードスタイリスト

2010年05月22日

残りソース… [Team-F1]344

大手のハンバーガーチェーンの中では好きなMバーガー…あれ、Mってイニシャルのハンバーガーチェーンて2つありますね(笑)。まあどうでも良いんですけど。

そのMバーガーをいただいた際、紙袋の底に残ったソースを食べるのが好きなんです。だからお店側にお願いしたいのは「最後のソースを掬うためのスプーンを用意して欲しい」のです。調理担当のスタッフも、綺麗に食べてもらえる方が嬉しいのではないでしょうか。いくら好きだからといってバーガー袋をめくりにめくって、直接に口を近づけて食べるのはちょっと出来ませんもの。

このハンバーガーソース。
注文の際に「ソース、汁(つゆ)だくで」と言うと、多めに入れてくれるって噂はホントですか?

2010.05.22 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
モスバーガーのたれ汁
posted by F1 at 12:11| 日記

2010年05月21日

初物… [Team-F1]343

10日くらい前の夕食のテーブルに出てきたのはスイカ。「スーパーでね、もうスイカが売られていたから買ってきましたよ」と義母。いくら初物とは言えこんなに早く?産地を見ると熊本県産になってますね。スタッフに聞いても「ええ撮影食材の買い出しに行くと、確かに熊本のスイカが並んでましたよ」とか。

スイカは好きなフルーツ(果菜?)のひとつなので嬉しいんですが、でもまだ5月。例年だと6月に入ってからじゃありませんでしたっけ。食べてみるとジューシーで甘みも充分にあります。だから美味しいんですが「なんだか」です。やはり旬のものはその季節にいただきたいのです。二昔前なら「季節じゃないかもしれないけど食べたいなあ。これだけ農業技術が進んでいるんだから年中食べられるようにして欲しい」なんてわがままを言っていたくせに(苦笑)。

とにかくスイカ好きの私ですが、自分の子供が生まれた頃から夢想していること。
季節は冬、私の臨終のベッド・・・
子供「最後に食べたいものある?」
 私「好きなスイカを食べて逝きたい」
子供「そんな!冬にスイカなんて無理だよ」
 私「でもスイカが。スイカを…」
子供「もう最後までワガママなんだから」
こうやって家族を困らせてやろうと思っているけど、実際には以下の展開になるんでしょうね。

季節は冬、私の臨終のベッド・・・
子供「最後に食べたいものある?」
 私「好きなスイカを食べて逝きたい」
子供「千疋屋にあるから大丈夫だよ」
 私「でも早生ではなく旬のものでなきゃ…」
子供「うん南半球の豪州産だからバッチリ旬!」

2010.05.21 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
初物スイカ
posted by F1 at 10:28| 日記

2010年05月18日

撮影後の食材の行方… [Team-F1]342

私達の仕事には常に「食品」が存在します。撮影時にはもちろん、試食やレシピ考案時にも対象食品が依頼者から届いたり購入したりと。フードスタイリスト養成スクールでも、この食材は必須になります。たま〜にダミーを使用する場合もありますけど。

撮影が終わるとこれらの食材。依頼社やクライアントが持ち帰ることもありますが、大抵は「すみませんが処分してもらえませんか」となります。そういう時はカメラマンさんも含め全スタッフで分けることになりますので、帰宅すると家族から「んまあ!有り難いわねえ」と大喜びされることになります。特に野菜不足の昨今、高級野菜類を持ち帰れるなんて「この職業を選んで良かったわん」と心が満足感に満たされるのです←ちょっとオーバーですね(笑)。

先日のスクールでホタテ貝をスタイリングの素材に選んだMMちゃん。単なる物取り(商品撮り)のはずだったんですけど、貝があまりにも見事だったので、氷を敷き詰めて撮るという別なバリエーションにも挑戦していました。ご想像通り受講後はスタッフも含めた全員で、この美味しいホタテ貝を酒の肴でいただきました。はいごちそうさまでした。

2010.05.18 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
100518-L2受講風景
posted by F1 at 11:05| フードスタイリスト

2010年05月14日

ルーシー・リー展… [Team-F1]341

乃木坂にある国立新美術館でこの展示会を見て来ました。世界的に有名な陶芸家なのですが、恥ずかしながら私は最近まで知りませんでした。購入した雑誌のページを開いて、この作家の作品に出会った瞬間、これまでにない感銘を受けました。

南の島の海のような澄んだ青。
そして華やぎすぎない品のあるピンク色。
その独特なセンスあるフォルム。

展示会場には平日にも関わらず多くの人が来場していました。やはり年齢は少し上の人が大半ですが、男女比で言うと若干、女性が多いでしょうか。食器だけだと思っていたら、陶器製のボタンや花器も多く作られていたんですね。数々の作品の他、彼女の幼少の頃から晩年までの人生記録もパネル説明で見ることができました。会場中央ではカメラ嫌いだった彼女をインタビューした貴重な動画も上映していました。上半身をすっぽりと釜の中に沈み込ませ、焼き上がった器を取り出す際、インタビュアーに「ねえ私の足を持ってくれない?体がね落っこっちゃうのよ」と言うシーンがとても可愛く感じられました(笑)。2時間以上見てまわっても、陶芸に素人な私にはとても彼女の芸術の素晴らしさを言い表すことはできません。しかし久々に感動の一日を過ごしました。

料理家・道場六三郎氏の店では期間中、ルーシー・リー展を記念した料理を提供するようです。ランチコースで7,500円。う〜ん、本物の彼女の器でいただけるならとても安い食事代だと思いますが、さすがにそれはあり得ませんよね。

<ルーシー・リー展>
http://www.lucie-rie.jp/

<道場録三郎 ルーシー・リーに捧げる一品>
http://www.kaishoku-michiba.jp/lucie_index/$file/michiba_lucie.pdf

2010.05.14 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
ルーシー・リー展
posted by F1 at 17:00| フードスタイリスト

2010年05月11日

データベースがあれば… [Team-F1]340

昨年の夏、国内の数百カ所店舗で女性向けビジネスを展開している企業から問合せがありました。これまでに獲得した会員相手に「新規事業として料理教室を展開したいのでフォローしてもらえないか」という内容。ジャンル毎のレシピを考案する、講師候補を指導育成する、実施マニュアルを作成する等、業務自体に問題はないのですが、時間があまりにも迫っていることとギャラの面で折り合いがつかずお受けできませんでした。

しかし、この「データベースを活かした事業を立ち上げる」ことが出来るとは羨ましい限りです。もちろんビジネス毎にそれ相当の技術やノウハウが必要なので単純でないことはわかってます。しかしターゲットが同じ若い女性層、個々の志向も把握しているとなれば、全くの新規市場に「1」から参入するのとは異なり、明らかに優位であることは間違いありません。起業したことのある方ならご存じでしょうけど、自社品に適した見込客を開拓するためには初期に莫大な広告宣伝費や販促費がかかります。数千万から数億円の予算をつぎ込んで成功したとしても獲得数はまだ数万人。さらに増やすためには、それ以後も宣伝費をかけ続けなければなりません。だからスタート時点で数十万人から数百万人の顧客データベースがあると非常に成功する確率が高くなるというわけです。顧客名簿に沿ってダイレクトメールを郵送する昔と違い、今の若い女性のほとんどがメール所有者ですから告知や受付にもほとんど費用がかからないこともグッドですよね。あとは中身や設定金額を大きく誤らなければ失敗する心配はありません。

ただこの問い合わせてきた企業。問合せから10ヶ月経ったいまもwebを見る限り、スタートしていない模様。確か昨夏「今年の09月には1号店を出します」と言っていたのですが、何か大きな問題が発生したのでしょうか。もしかするとビジネスには「コアターゲットのデータベースを持ち、豊富な資金もあり、十分な選任担当者を配置」しても先に進めない難しい要素があるのでしょうか。

2010.05.11 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
会員数グラフ
posted by F1 at 13:23| フードスタイリスト

2010年05月10日

韓国海苔チョコ… [Team-F1]339

スタッフのTMがGWを利用して韓国ツアーに行ったそうです。「会社勤めの姉と、姉のお友達との3人で行ってきました。なんでフリーの私がGWという費用の高い時期に行くのか悩んだんですけど、まあしょうがないですね」と口をすぼめて今でも不満そうです(爆笑)。その彼女が「お土産で〜す!」と事務所に持ってきたのが[韓国海苔チョコレート]。

韓国には[キムチ風ラムネ]とか[高麗人参ガム]などという変わった食品がありますよね。これらは、やはり韓国旅行から帰ってきた友人知人から「珍しいから」とお土産にいただくんですが、私は苦手です。周囲の評価も私同様にいまいち。「珍しいもの」は賛成ですが出来れば「珍しくて美味しい」ものをお土産にして欲しいというのが、正直な私の気持ちです(苦笑)。この手の[珍C級グルメ品]は韓国だけでなく他国や国内の地方物産品でもありますので、特別に彼の国を非難しているわけではありません。

さて[韓国海苔チョコレート]。見た目は普通のチョコです。肝心の味ですが「最初は普通というより甘すぎるくらいのチョコ味。なんだ普通じゃんと食べきると、なんと歯に何かがくっいた感じが。あらら、もしかしてこれが海苔?そういえば噛んでいる途中で何かグスグスな歯ごたえがあったなあ」です。わかりますか?結論から言うと上記したラムネとかガムに比べれば、そこそこ食べられるので「合格ぅぅ〜!」のお土産でした。TMちゃん、珍しいお土産をありがとう。

2010.05.10 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
韓国海苔チョコ
posted by F1 at 18:10| 日記

2010年05月08日

628円のハンバーガー… [Team-F1]338

GW中はどこの飲食店も混んでいるので、その日は低価格で有名なファミレスに行きました。[ハレの日]はみんなウキウキして食事でも贅沢をしたいだろうから「かえって安〜い店はきっと空いているだろう」との分析判断。パスタでもハンバーグでも500円〜700円くらい。ライスセットをつけても1,000円しません。注文する料理、普通なら無難にチキンステーキかハンバーガーセットを頼むのですが、ハンバーグを見つけてしまいました。

「特製レストランバーガー?ボリューム満点パテ170g?自家製タルタルソースにとろけるチーズ?100%ビーフ?他の料理が大抵500円前後というのに、ハンバーガーが628円?」

よし話のネタに食べてみましょう。通常、ハンバーガーは街中にあるチェーン店か、或いは青山あたりのレストランで千数百円のハンバーガーを食べるのがよくあるパターン。連れも興味津々の「低価格ファミレスの中途半端な値段のハンバーガーって一体どうなの?」。結果、パテがどうとかバンズの善し悪しはともかくとして「想像していた通り」でしょうか。しかし、この店でこの価格で米国産牛肉を使っていて栄養価1129Kcalだと、決してヒットしていないんじゃないかと推測するのですが、どうなんでしょう。

2010.05.08 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
ガストのハンバーガー
posted by F1 at 11:24| 日記

2010年05月05日

九段下の宗村食堂… [Team-F1]337

それにしても掲載した料理写真はひどすぎるなあ(苦笑)。お通しを携帯で撮ったのに既に酔っぱらっていたんですねえ。いやね、この日は数年ぶりで旧知のメンバー達と飲み会をしようとなったのです。どちらかと言うと業界はIT系とか製図設計とかweb系の面々。この日に来れなかった方々が来たらもっとそっち方面。そこになぜ私が入っているかは自分でも「?」ではありますが、とにかく20年近くのおつきあいです。

で、私とYEさんだけが定刻通りに入店。待たせるのも待つのも嫌いな私なので着席するなり「すぐに泡盛!えっ於茂登に43度なんてあるの?それロックで」と注文。さすがに大半が到着していないのに料理を出させるのは遠慮。だからみんなが集まる頃には何杯目かに。このトマトづくしのお通しが来た時には、けっこうなほろ酔い気分というわけです。酔いと店内の暗さもあったとは言え、料理撮影関係の仕事をしている私としては恥ずかしい写真となってしまいました。それでも画像を出したのは「み〜んなトマトなんですよ」とのおかみさんの説明があったから。トマトにも種類が多いのは知ってますが6種類も一度に食べられるのは珍しいですよね。※説明がなかったら生野菜が苦手な私は箸をつけなかったでしょう。※野菜が嫌いではなく「生野菜が」ですので誤解のないように。

幹事のEH氏曰く「今日は特別に全編、野菜料理を予約しておきました」ですと。ひぃぃぃ〜!20年もつきあっていて私が私が生野菜が嫌いなことくらい・・・くぅぅぅ!珍しい発泡酒[獺祭(だっさい)]を予約したことは評価するけど「なんで野菜やねん」です。女性でドーバー海峡を単独渡海したキクちゃん始めみんながスポーツマンだから野菜?20年もたつとお互いにそろそろメタボが気になり始めているから?そんなん「個人の管理に任せなさいってば」です。久々に会う時くらい肉や魚も食べて楽しみましょうよ。

宗村食堂様へ:先日は休店にもかかわらず私達のために店を開けていただいてありがとうございました。酒も料理もとっても美味しくいただきました。次回はうちのスタッフを連れて伺います。*今度は肉や魚「も」注文させてください。

<宗村食堂>
千代田区飯田橋1-6-8 三友ビル 1F
03-6268-9690
http://www.gnet-chiyoda.ne.jp/shop_hp/munemura.html

2010.05.05 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
宗村食堂のトマトづくし
posted by F1 at 16:49| 日記

2010年05月04日

片付け魔… [Team-F1]336

世の中にはいわゆる[片付け魔]という方がいるようです。物が散らばっていたり、所定の位置からはずれていたら、整理整頓しなければ気が済まない性格の人のことです。これは万事いい加減な者からみれば、とても有り難い存在ではあります。男と女をつくられたように、神は[几帳面な人]と[ずぼら]な二通りの人間も創生したようです。

一見、有り難い人種のようでもありますが、ここまでになるとちょっと。たとえば、まだ食事中なのに勝手に食べ終わったと判断して料理が入っている食器を下げてしまう飲食店の店員さん。撮影途中でフレーム外に皿を移動させて欲しくて言った「下げて」を「片付けて」と勘違いして、さっさと洗い始めるアシスタント。空ではあるけど「もう一杯飲もう」と思って置いてあるコーヒーカップを持って行ってしまう優しく生真面目な義母。

F1スタッフと飲食店で食事していると可笑しいんです。日頃、片付けることも大事な業務のひとつですから、食事をしていても食べ終わった器類を、無意識に皆でついつい片付け始めます。コップはコップ、皿は同じサイズでまとめて重ねて、カトラリーもきちんと、テーブルも拭かれて。店員さんが来た時「えっ!」と驚く表情を見るのが楽しい私です。

2010.05.04 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
片付ける習性
posted by F1 at 23:29| フードスタイリスト

2010年05月03日

人気の回転寿司店… [Team-F1]335

数年前から「下高井戸に相当に繁盛している回転寿司店がある」ことは知っていました。駅から1分の近さですので、通りから見たことも何度かあります。でも入ったことはありません。入らないのは、すぐ近くに知り合いの飲食店があるので遠慮していたのが理由です。

しかし一昨日、その知り合いの店で飲み食いした後、まだ小腹が空いていたので連れと「入ってみようか」と入店。GW中の週末であり、かつ人気店だけに30分近くも待たされました。いつもは「待ってまで食べることはしない」が流儀の私です。ですが、その日はアルコールが入っていたこともあったのでしょうが、それほど苦になりません。清潔感があって活気に溢れた店内、フロアスタッフのちょうど良い具合の接客対応、ニコニコと美味しそうに食べているお客様の顔、顔、顔。実際、食べてみても「うん、これはいける」と鮮度や味にも納得です。

なかでも「回転寿司屋なのにここまでやるか!」と驚かされたのが壁面のカラーコルトン。フロアから天井まで、寿司の写真が飾られています。それも中途な出来ではなく、予算をかけてしっかりと撮られた画像です。ただこのコルトンサイズ用に撮影したわけではなく、カタログなどにも使う写真を流用したのが明らかなのが残念なところではありますが、まあ迫力は伝わってきます。

ありふれた表現ですが「たかが回転、されど回転」。そんな感想を抱かせてくれた人気の回転寿司屋さんでした。

2010.05.03 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
まぐろ人(下高井戸)
posted by F1 at 10:22| フードスタイリスト

2010年05月02日

商売は難しい… [Team-F1]334

昨日、久しぶりに隣駅のうどん屋さんへ行きました。事務所周辺には好みのうどん屋さんがないので、たまに電車か車か自転車でこの店まで足を伸ばします。若い男兄弟で経営している店なんですが、木曜日だけはお兄さんがどうしてもやりたいというラーメンの店になります(笑)。

うどんもラーメンもマニアな方から見ると「善し悪し」を判断する基準があるのでしょうけど所詮、味の好みには個人差があります。私にはこの店のうどんもラーメンも美味しいと感じました。それで月に一回くらい食べに行っていたのですが、昨日はシャッターが降りたまま。ガラスには不動産屋の張り紙があるだけです。

廃店?
移転?

ネットで調べたら残念ながら「諸般の事情により閉店」のお知らせが載っています。「あらためて新店を」などの記載がなかったので、もしかすると二度とお目にかかることはないのかも知れません。駅前や観光地には接客も悪く、ひどい味の料理を出す店が継続しているというのに、この店が廃業に追い込まれるとは、納得できない思いがあります。スタート時に資金が潤沢にあって、好立地のところに店を構えて十分な宣伝活動をしていたら成功していたかも知れません。つくづく商売は難しいものだと思い知らされました。

2010.05.02 UT

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
鶏麺-廃業
posted by F1 at 10:55| 日記

2010年05月01日

タイラさん?ヒラさん?… [Team-F1]333

これは先日の撮影時の話。この日は立ち会いが多い日でした。クライアント1名、大手広告代理店から数名、他にデザイナー等。カメラマンや私達も含めると10名くらいになります。狭いスタジオでは、なかなか身動きもままなりませんが、それはいつものことなので特別に気にはなりません。

いらっしゃった皆様にコーヒーとか冷たいお茶をお出しするのも私達の役目…では決してありませんが、撮影を見に来られた方をおもてなしするのが礼儀だと思っているので、昔からスタッフにはそのように教育しています。スリッパを揃えることも徹底させています。今回、茶菓を提供する担当はKMちゃん。昨年の1月からF1に参加していますが、とっても愛想が良くて気が利くのでどの方にも気に入られています。

KMちゃん、いつものように使い捨てカップにお客様の名前を書いてはウーロン茶を入れてます。そして「はい、お茶をどうぞ」と渡したら相手が「えっ、タイラ?僕は名刺にあるように田中(仮名)ですけど、タイラって」。KMちゃん一瞬、キョトン。慌てて私が「違うわよMちゃん、この方は田中さんでしょ」と注意。「はあ〜、私なぜこんなこと書いたのか自分でも…???」と本人が一番とまどっている様子。この田中さん、日本でトップの広告代理店の営業社員なのですが今年新卒で入った新人。たぶん、多分ですが名刺交換をした時、KMの頭の中にチラッと「入りたてだからきっとヒラですわん」と思ったのかも知れません(汗)。或いは知り合いに[タイラ]さんという男性がいて、とてもよく似ていて無意識に書いてしまったとか。いずれにしてもお名前を間違えるということは、とっても失礼なこと。指導する立場の私としては深く深くお詫び申し上げる次第です。

後日、彼の上司から聞いたのですが「田中の奴、業務日誌に撮影状況のことは一切書かずにただ、“KMさん可愛かった”とだけ記述してるんだよ。先が思いやられるなあ」と嘆いてました。名前を間違えられたことを不愉快に思わず、逆にKMちゃんに好意を持っていただいたことは、せめてもの救いでしょうか(笑)。

2010.05.01 TF

“フードスタイリスト・フードコーディネーター派遣”
<Food Styling Team-F1>
URL:http://www.fst-f1.jp/
問合せ:info@fst-f1.jp
スクール問合せ:school@fst-f1.jp
平コップ
posted by F1 at 15:26| フードスタイリスト